お寺の歴史・起源
曹洞宗 日向山 東光寺 トップページ > お寺の歴史・起源
  • 東光寺 建立からの歴史

    東光寺 建立からの歴史

    東光寺はここ稲敷市にて1584(天正12)年、江戸崎町管天寺十世綴巌充補和尚により開山されました。その後兵火に遭遇し、幾度か地域の皆様と共に生き復興がなされました。本堂・庫裡は文化、文政期頃の建立、茅葺六脚門は1867(慶応3)年の建立と伝えられております。

    江戸時代を通じて寺子屋教育を継承し、明治13年には柴崎外三ヶ村合同尋常小学校の場ともなりました。お寺の本堂はそのまま教室として使われ、大正5年まで続いておりました。

  • 学校として利用されていた東光寺

    学校として利用されていた東光寺

  • 先代住職の際に葺き替えた山門の屋根

    先代住職の際に葺き替えた山門の屋根

  • 慶応三年に建てられた山門に残る獅子彫

    慶応三年に建てられた山門・木鼻の獅子

東光寺山門前の吹き抜けのお堂には、石仏等身大の立像「子育て延命地蔵尊」が祀られています。
江戸中期頃の建立と伝えられ、縁日には露天市で大きく賑わったといわれております。

ご本尊は400年位前(江戸前~中期)につくられ、平成の初期に修復いたしました。
曹洞宗では基本的にご本尊として釈迦牟尼仏さまが祀られていますが、東光寺では珍しく阿弥陀さまが祀られています。また、本堂にはこれまで2度お寺の焼失があったにもかかわらず、その難をご本尊と共に逃れたとして延命地蔵尊もお祀りされています。